×

五輪開会式 選手宣誓“男女案”検討、実現なら88年ソウル大会以来2度目

[ 2021年5月27日 05:30 ]

国立競技場
Photo By スポニチ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が7月23日の五輪開会式の選手宣誓を男女1人ずつで行う案を検討していることが分かった。男女ペアでの選手宣誓は88年ソウル大会で初めて行われ、実現すれば2度目。組織委の武藤事務総長は、男女平等がIOCの方針でもあるとし「それも念頭に調整している」と話した。

 また、日本オリンピック委員会(JOC)が7月6日に都内で開く日本選手団の結団式と壮行会は新型コロナウイルス対策のため、一部役員や主将、旗手らを除き、オンラインでの参加とする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月27日のニュース