×

ウィザーズ完敗 初戦からの連敗は逆転過去1回の14回目 八村は11得点&7リバウンド

[ 2021年5月27日 10:35 ]

76ersのエンビードをマークするウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 東地区の第8シードとしてポストシーズンに駒を進めたウィザーズは26日、敵地フィラデルフィア(ペンシルベニア州)で第1シードの76ersとの1回戦第2戦に臨み、95―120(前半57―71)で敗れて2戦2敗。このカードはレギュラーシーズンを含めて今季5戦5敗となった。

 プレーオフ1回戦で初戦から黒星が2つ並んだのは、5試合制と7試合制のシリーズに限ると(3試合制シリーズで1回あり)通算14回目。過去13回でシリーズを逆転で制したのは第5シードだった2005年のブルズとの1回戦(連敗から4連勝)の一回のみで、第1シードを相手にしている今季はさらに苦しい状況に追い込まれた。

 日本人選手として初めてプレーオフに出場している八村塁(23)は第1Qの開始37秒にゴール下でシュートを決めたものの、43秒と4分19秒に反則を犯してベンチへ。第1戦では12得点を挙げていたが、第2戦ではファウルトラブルに見舞われた。

 それでも26分の出場でフィールドゴール(FG)を6本中4本決めて11得点とチーム最多の7リバウンド(オフェンス2本)をマーク(反則は計4つ)。第3Qには右のコーナーから3点シュートを成功させ、レギュラーシーズン終盤から12試合連続で2ケタ得点をマークした。3点シュートは2戦合計で3本すべて成功。しかし第2戦では勝機を見い出せないまま試合終了のブザーが鳴った。

 第1戦で33得点を挙げたブラドリー・ビール(27)はこの日も33得点を挙げたが、今季に歴代最多のトリプルダブル(通算183回)を達成したラッセル・ウエストブルック(32)は10得点、6リバウンド、11アシスト。2試合連続で個人成績の3部門に2ケタの数字をそろえることができなかったのは、3月25日と27日以来、約2カ月ぶりとなった。しかも第4Q序盤に76ersのフルカン・コークマズ(23)と接触した際に右足首を負傷。ロッカールームに引き揚げてその後の出場は見合わせた。

 ウィザーズの3点シュート成功は22本中2本のみ(成功率9・1%=うち1本は八村)。リバウンド本数で40―45、ブロックショット本数で2―14、ペイント内の得点でも50―58と76ersを下回り、リードしたのは第1Q序盤のわずか22秒間のみだった。ダビス・バターンズ(28)は放った4本の3点シュートをすべて失敗。第4Q開始早々に6反則目をコールされ無得点のまま退場となった。

 76ersは211センチのポイントガード、ベン・シモンズ(24)が第1Qの12得点を含む22得点と9リバウンド、8アシストを記録。シーズンMVPの最終候補3人の中に入っているジョエル・エンビード(27)はウィザーズにダブルチームを仕掛けられながらもシモンズと同じく22得点を稼いだ。第1戦でプレーオフ自己最多の37得点を稼いだトバイアス・ハリス(28)は第2Qに左足首を痛めながらも19得点と9リバウンド。ホームで白星を2つもぎとって敵地ワシントンDCに向かうことになった。

 <八村の全オフェンス>
 ▼第1Q(出場4分19秒=2得点)
(1)32秒・エンビードをかわしてゴール下=〇(アシスト・ウエストブルック)
 ▼第2Q(出場8分37秒=4得点)
(2)1分30秒・左サイドでドラフト同期(19年・全体20番目)のサイブルとの1対1。インサイドにもぐりこんでゴール下。サイブルの反則を誘う=〇(アシスト・スミス)
*10分30秒・フリースロー1本=×
(3)3分14秒・左コーナーからエルボー付近に上がってプルアップでジャンプシュート=〇(アシスト・ビール)
(4)4分26秒・右ローポスト付近でボールをもらってゴール下。エンビードがマーク=×
 ▼第3Q(出場8分52秒=5得点)
*2分19秒・フリースロー2本=〇〇
(5)7分4秒・右コーナーから3点シュート=〇(アシスト・スミス)
 ▼第4Q(出場4分2秒=無得点)
(6)2分17秒・プルアップから正面でジャンプシュートを放つもサイブルにブロックされる=×

 <第2戦のチーム成績>
 ▼FG成功率=76ers(55・7%)ウィザーズ(40・2%)
 ▼3点シュート成功率=76ers(42・0%、21本中9本)ウィザーズ(9・1%、22中2本)
 ▼FT成功率=76ers(68・4%)ウィザーズ(63・3%)
 ▼リバウンド総数=76ers(45)ウィザーズ(40)
 ▼アシスト総数=76ers(26)ウィザーズ(22)
 ▼スティール総数=76ers(10)ウィザーズ(3)
 ▼ブロックショット総数=76ers(14)ウィザーズ(2)
 ▼ペイント内得点=76ers(68)ウィザーズ(50)
 ▼ターンオーバー回数=76ers(12)ウィザーズ(14)
 ▼反則数=76ers(21)ウィザーズ(21)

 <ウィザーズ1回戦の結果と日程>
 ▼第1戦(23日=フィラデルフィア)●118―125
 ▼第2戦(26日=フィラデルフィア)●95―120
 ▼第3戦(29日=ワシントンDC)
 ▼第4戦(31日=ワシントンDC)
 ▼第5戦(6月1日=フィラデルフィア)
 ▼第6戦(6月3日=ワシントンDC)
 ▼第7戦(6月5日=フィラデルフィア)
 *日付は米国時間。第5戦以降の実施は成績次第

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月27日のニュース