ラグビーTL準々決勝、サントリーVSリコー コロナ禍で中止

[ 2021年5月2日 05:30 ]

 日本ラグビー協会は1日、今月9日に予定していたトップリーグのプレーオフトーナメント準々決勝、サントリー―リコー戦(昭和電ド)を中止すると発表した。

 リコーで選手・スタッフ計22人が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、試合開始48時間前までに登録に必要な23人がそろわないことが確定したため。リコーは4月28日に9人の陽性を発表し、さらにチーム独自の検査で13人の陽性、全員の濃厚接触者が認定された。

 今後はサントリーが23人の登録が可能な状況かを踏まえ、7日に準決勝進出チームが決まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年5月2日のニュース