全柔連強化委員1人がコロナ陽性 男子代表合宿に参加、濃厚接触者なし

[ 2021年4月29日 05:30 ]

 全日本柔道連盟は28日、強化委員の1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。26日に陽性判定を受け、現在は自宅療養中という。

 関係者によれば、当該強化委員は24日まで国士舘大で行われていた男子日本代表合宿に参加していたが、管轄保健所により他の強化委員や強化選手は濃厚接触者に当たらないと判断された。全柔連は今後の代表活動などについて政府や各自治体の指針などに基づき準備を進めるとしたが、来月予定している国内代表合宿や、ロシア・カザンでの国際合宿への影響が懸念される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月29日のニュース