クレルモン松島 右太腿裏痛め途中交代「相手のキックに反応したときに違和感」

[ 2021年2月1日 05:30 ]

ボルドー戦に先発出場したクレルモンの松島
Photo By 共同

 ラグビーのフランス1部リーグ第15節が30日に行われ、クレルモンはホームでボルドーと対戦し、後半終了間際に逆転トライを許して36―37で敗戦。今季6敗目となった。3試合連続で先発出場したFB松島幸太朗は、前半16分に右太腿裏を痛めて途中交代した。試合後、「相手のキックに反応したときに違和感を覚えた。(状態は)まだ検査していないので何とも言えない」と語った。

 フランク・アゼマ監督は「ひどくならないように早めに退出させたので、深刻な状態ではないと思う」と語り、チームに不可欠な15番の早期復帰を望んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月1日のニュース