早大SO吉村紘 気持ち負けない 6日早明戦“足と頭脳”で崩す!

[ 2020年12月3日 05:30 ]

関東大学リーグ戦

6日の明大戦に向けた練習に主力組のSOとして参加した早大の吉村紘(中央)
Photo By スポニチ

 早大ラグビー部が6日の明大戦(秩父宮)に向けて、都内の自校グラウンドで練習を実施した。

 今季10番に定着し、引き分け以上で優勝が決まる大一番でも先発が有力なSO吉村紘(2年)は「メンタルの部分では絶対負けたくない。練習の熱量、質もさらに良くなっている」と語った。先月23日の慶大戦では中盤からハイパントキックを使い、相手ディフェンスの勢いをそぐ戦術が奏功。チーム浮沈の鍵を握る司令塔は「常にどうしたら相手にプレッシャーをかけられるか考えてキックを選択している」と足と頭脳で相手を崩すことを予告した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年12月3日のニュース