×

【玉ノ井親方 視点】志摩ノ海、自分の相撲を取り続けろ

[ 2020年11月18日 05:30 ]

大相撲11月場所   10日目 ( 2020年11月17日    両国国技館 )

千代の国を寄り切りで破った志摩ノ海(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 幕尻の志摩ノ海は、前傾姿勢を保って相手に圧力をかける相撲で好調を維持している。千代の国戦も低く当たって右を差しながら一気に前に出た。今場所は押されてもうまく回り込んで、左でおっつけながら攻め返している。派手さはないが、しぶとく、しぶとく取っているから相手もついつい引いてしまう。

 コツコツと稽古を重ねて地力をつけてきた力士だ。膝のケガの経験もあり、準備運動は決して怠らない。足腰を中心に基礎運動がしっかりできているため、下半身もどっしりしている。

 初場所で兄弟子の徳勝龍が幕尻優勝。今場所は弟弟子の宇良も膝のケガから復活し、十両で頑張っている。場所前に彼らと十分に稽古ができたことも、今場所の成績につながっているはずだ。これから、上位は星のつぶし合いになる。このまま自分の相撲を取り続けていれば、チャンスは巡ってくる。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月18日のニュース