男子マラソン・福田穣、世界記録保持者キプチョゲら所属のプロチーム入り 福岡国際参戦へ

[ 2020年10月19日 20:00 ]

NNランニングチーム加入を発表した福田穣
Photo By 提供写真

 今年8月にプロランナーに転向した男子マラソンの福田穣(29)が19日、都内で記者会見を開き、世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(35=ケニア)らが所属するプロチーム「NNランニングチーム」に加入すると発表した。男子のアジア人選手が同チームに参加するのは初。デビュー戦となる12月の福岡国際マラソンに向け「初戦でインパクトは欲しい。有力選手も出るが、優勝を狙って頑張りたい」と意気込みを語った。

 24年パリ五輪出場に向けて大きな決断を下した。今年2月、五輪を見据えて関係者にチーム参加を直訴。同チームにアジア人選手がいなかったことに加え、過去11戦のマラソン戦績を見た関係者から「NNにはいない、(多くのマラソンを走る)川内優輝みたいな面白い選手」と好評価を受け、加入が決定したという。「世界トップ選手と生活することで成長のきっかけが転がっていると思う」と話した。

 来年1月からケニアに渡ってチームに合流する予定。キプチョゲを指導する名コーチのパトリック・サング氏の下で約3カ月の合宿を行い、同4月のボストン・マラソンなど海外メジャーレース出場を狙っていく。ケニアと日本を行き来する生活に不安もあるというが「日本代表として活躍するのが目標。まずは福岡で自己ベストを更新し、着実に目標をクリアしていきたい」と決意を語った。

 ◆福田 穣(ふくだ・じょう)1990年(平2)12月31日生まれ、福岡県出身の29歳。大牟田高から国士舘大に進学。大学3年で箱根駅伝1区に出場。卒業後は八千代工業に進み、16年に西鉄に移籍。19年福岡国際マラソン3位(1位選手がドーピング失格のため2位に繰り上がる予定)。今年8月に西鉄を退社してプロランナーに転向した。マラソンの自己ベストは2時間9分52秒。1メートル66、50キロ。

 ▽NNランニングチーム 2017年4月にプロジェクトがスタート。アフリカ出身選手だけではなく欧州出身選手も在籍。キプチョゲのほか、男子1万メートル世界記録保持者のジョシュア・チェプテゲイ(ウガンダ)や19、20年東京マラソン2連覇のビルハヌ・レゲセ(エチオピア)ら世界のトップアスリートが所属している。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月19日のニュース