“オーペンチャンピオン”英莉花、師匠ジャンボとグータッチ!2週連続Vへ弾み

[ 2020年10月9日 05:30 ]

軽めの練習で調整する原(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 女子ゴルフのスタンレー・レディースは、9日に静岡県の東名CC(6572ヤード、パー72)で開幕する。前週の日本女子オープンを制した原英莉花(21=日本通運)は師匠の尾崎将司(73=I.S.T)に優勝報告した際、初めて褒められたことを明かした。新たな目標には今季中にもう1勝することを掲げた。

 改めて、ナショナルオープン初制覇の重みを知った。優勝から2日後の6日。原は師事する尾崎に報告に出向くと、師匠から拳を差し出された。

 「グータッチしてもらっちゃいました!初めて“おめでとう”って言ってくださって。凄いことをしたんだなって思えた。めっちゃうれしかったです」

 5度も日本オープンを制している尾崎も、愛弟子の初Vに喜びを隠せない様子だったという。「見応えのある試合だった」という賛辞とともに、「オープンは“オーペン”なんだよ。オーペンチャンピオン!」と発音まで伝授された。昨年のプロ1勝目の時は「たまたまだろ」と奮起を促す内容だっただけに、2勝目の価値を実感する出来事になった。周囲の反響も大きく、200件を超える祝福LINEが届いた。「スタンプだけじゃ失礼」と返信を終えたばかりだ。

 この優勝で3年シードを獲得。目標に掲げていた米ツアー参戦について「挑戦できる環境になった」と意欲的に語った。ただし、まずは2大会連続優勝がかかる目の前の一戦に集中する。前週から1日のオフもなく迎えたこの日は会場で最終調整し、「今年のうちにもう1勝」と新たな目標を掲げた。初日はともに尾崎に師事し、今季2戦連続Vを果たした笹生優花と同組で回る。「姉弟子」としての意地を見せ、最短での目標クリアを目指す。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年10月9日のニュース