芝田山広報部長 感染幕下力士の経過報告「熱下がった」

[ 2020年9月8日 05:30 ]

日本相撲協会の芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染して6日に入院したことを受けて、この力士の濃厚接触者が7日、保健所の指導の下、PCR検査を受けた。

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)が電話取材で明かした。検査結果は明らかになっていないが、現時点で発熱者はいないという。感染した幕下以下の力士は入院から一夜明けて「今日は熱が下がっていると聞きました」と説明した。この力士の所属する部屋については「部屋の中で区分けするところは区分けして対処している。距離を取った形で生活している」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年9月8日のニュース