芝田山親方 出稽古解禁の可能性を示唆「9月場所が終わってから…」

[ 2020年8月29日 05:30 ]

日本相撲協会の芝田山広報部長
Photo By スポニチ

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は28日、電話取材に応じ、力士の出稽古は秋場所(9月13日初日、両国国技館)終了後に期間を定めて解禁する可能性を示唆した。

 秋場所の前は「万が一、陽性者が出たら出稽古先に迷惑をかける。時間的に場所に間に合わない」という理由で禁止となった。力士らから解禁を臨む声が上がる中、芝田山広報部長は「9月場所が終わってから、いつまでという形でやってもらうしかない」と話した。秋場所後は通常、秋巡業が行われるが今年は中止。その期間が出稽古に充てられる見通した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月29日のニュース