李昊桐 首位浮上!中国男子初メジャー制覇視野も「先は長い。自分のベストを」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 全米プロ選手権第2日 ( 2020年8月7日    カリフォルニア州TPCハーディングパーク=7251ヤード、パー70 )

第2ラウンドの15番でティーショットを放つ李昊桐
Photo By 共同

 予選ラウンドで首位に立ったのは世界ランク114位の李昊桐だった。

 12位から出て5バーディー、ボギーなしの65。1、2番の連続バーディーで勢いをつけ急浮上した。17年全英オープンで最終日に63をマークして3位に入った実績を持つ。コロナ禍で試合勘を失い「今回は期待しないで来た」と言う。中国男子初のメジャー制覇が視界に入るが「先は長い。自分のベストを尽くしたい」と冷静だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月9日のニュース