炎鵬、中学の同級生・輝に押しつぶされた 取組後は言葉を残さず

[ 2020年7月29日 05:30 ]

大相撲7月場所10日目 ( 2020年7月28日    両国国技館 )

炎鵬(左下)は輝に叩き込みで敗れる (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 人気の小兵力士、炎鵬は石川県の中学時代のクラスメート・輝に押しつぶされた。

 立ち合いで突き放され、もぐり込めなかった。足取りを狙い、低い姿勢で右手を相手の左脚にかけたが、上から体重をかけられた。昨年秋場所6日目は動き回って足取りから勝機をつかんだものの、これで通算1勝3敗。取組後は言葉を残さず引き揚げた。一方の輝は「やるべきことができた」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年7月29日のニュース