モリカワ 66で回り単独首位キープ「いいスイングができた」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ワークデーチャリティー・オープン第2日 ( 2020年7月10日    オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC=7456ヤード、パー72 )

単独首位をキープしたモリカワ(AP)
Photo By AP

 カリフォルニア州出身のモリカワが9バーディー、3ボギーの66と伸ばし、単独首位をキープ。「初日同様にいいスイングができた」と笑みを浮かべた。

 世界アマチュアランク1位の実績を残し、昨年プロに転向。6戦目の同年7月のバラクーダ選手権で初勝利を挙げた期待の若手だ。「危険な所は狙わずセーフティーに、ショートアイアンで狙えるところはピンをデッドに」とコースマネジメントが奏功。「残り2日間も同じ感じでプレーできたら」と2勝目を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月12日のニュース