八村に指揮官太鼓判 増量トレで「確実に力強さが増した」 NBA30日再開

[ 2020年7月12日 05:30 ]

ウィザーズの八村塁(AP)
Photo By AP

 NBAウィザーズのスコット・ブルックス監督が10日、オンラインで取材に応じ、シーズン中断中のウエートトレーニングで体重を約10ポンド(約4・5キロ)増やした八村塁(22)について「この4カ月で確実に力強さが増した」と期待を示した。

 チームは開催地フロリダ州オーランドでの練習2日目で、フルコートでの3対3などメニューを本格化。ブルックス監督は「塁は中断中、しっかりトレーニングしてきたことが分かる。長いシーズンでは消耗もするが、筋力がつけば当たり負けはしない。ゴール下でも強くなった」と評価した。

 30日に再開されるシーズンでは大黒柱のビールら複数の主力を欠くため、八村らをさまざまなポジションで起用する見込みという。

 また、渡辺雄太(25)がツーウエー契約を結ぶグリズリーズもこの日、初練習を実施。シュート練習などに渡辺も参加した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月12日のニュース