36歳の琴奨菊 ぶつかり稽古で手応え「まだ動けるな」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

19日初日 大相撲7月場所

琴奨菊
Photo By スポニチ

 36歳の平幕・琴奨菊が千葉県松戸市の佐渡ケ嶽部屋で、ぶつかり稽古などを行い調整。ここまで基礎運動中心の稽古を続けているようで「まだ動けるなという感じ。結果はどうなるか分からないけど、精いっぱいやることはやってきた」と手応えを口にした。

 同期の元関脇・豊ノ島は4月に引退したが「思い出話をすると、私もその方に流されやすいので。後のことはゆっくり、私が引退してからしゃべりたい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月12日のニュース