琴ノ若 2場所連続勝ち越しへ意欲「まだその上があるので1勝でも多く」

[ 2020年7月12日 05:30 ]

19日初日 大相撲7月場所

稽古する琴ノ若(手前左、日本相撲協会提供)
Photo By 共同

 大相撲の平幕・琴ノ若(佐渡ケ嶽部屋)が11日、代表取材に応じ、7月場所での2場所連続勝ち越しへ意欲をのぞかせた。新入幕の春場所は9勝6敗。22歳は「しっかり体を準備してやっているので、まずは勝ち越しを目指し、まだその上があるので1勝でも多く勝てるように頑張りたい」と意気込んだ。

 自粛期間は約1万円の大きなビニールプールを購入して同部屋の屋上に設置。リフレッシュとアイシングが目的で「稽古して体に熱を持ってしまうと、お風呂の水だけじゃ取れないこともある。体のケアもできる」と効果を口にした。心身ともに充実させて、1週間後に迫った本場所に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月12日のニュース