八村ウィザーズ、再開初戦でサンズと対戦 PO進出へ前半5試合カギ

[ 2020年6月28日 05:30 ]

ウィザーズの八村(AP)
Photo By AP

 NBAは26日、米フロリダ州で7月30日に再開するシーズンの試合日程を発表した。参加22チームがプレーオフの出場権(東西各8チーム)とシード順を懸けて各8試合を戦う「シーディング・ゲーム」で、八村塁のウィザーズ(東地区9位)は7月31日の初戦でサンズ(西地区13位)と対戦。渡辺雄太がツーウエー契約を結ぶグリズリーズ(西地区8位)も同日のトレイルブレーザーズ(同9位)戦が初戦となった。

 圏外の地区9位からプレーオフ進出を目指すウィザーズは東地区8位のマジックと5・5ゲーム差。8試合を終えて9位でも、8位と4ゲーム差以内なら2試合制の“8位決定戦”へ進める。最後の3試合でバックス(東地区1位)など強豪と当たるため、ペリカンズ(西地区10位)戦までの5試合がプレーオフへのカギを握る。

 なお、フロリダ州では新型コロナウイルスへの感染が拡大しており、NBAのアダム・シルバー・コミッショナーは26日、集中開催地のオーランドの施設で選手に感染が広がった場合、リーグを再中断する可能性を示唆した。リーグと選手会が302選手を対象に行った検査で16人が陽性反応を示したことも発表されたが、選手名は明かされなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月28日のニュース