大坂なおみが女子選手の年収「世界記録」を樹立! この1年で40億4000万円

[ 2020年5月23日 08:22 ]

女子スポーツ選手の最高年収記録を更新した大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 日本のテニス・プレーヤー、大坂なおみ(22)が世界で史上最も年収の多い女子アスリートとなった。米経済誌フォーブス(電子版)が22日に報じているもので、対象となっているのは2019年6月1日から2020年6月1日までの収入。大坂の総収入は獲得賞金とスポンサーからなどの副収入を含めて3740万ドル(約40億4000万円)に達し、過去4年連続で女子部門の1位だったセリーナ・ウィリアムズ(38=米国)を140万ドル(約1億5000万円)上回った。大坂の年収3740万ドルのうち、大会で得た獲得賞金はその39%に相当する1450万ドル(約15億7000万円)だった。

 AP通信によれば、これまでの女子アスリートの最高年収は2015年のマリア・シャラポワ(33=ロシア)で2970万ドル(約32憶円)。ウィリアムズの3600万ドル(約38億9000万円)もこの額を超えている。

 男子を含めた総合ランキングでは大坂は29位でウィリアムズは33位。全体のランキングは次週に正式に発表されるが、昨年の1位はサッカーのリオネル・メッシ(32=アルゼンチン)で、1億2700万ドル(約137億円)だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月23日のニュース