カヌー五輪代表・水本 自主練再開「感染に気を付けて練習したい」

[ 2020年5月23日 05:30 ]

 カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の水本圭治(チョープロ)らが22日、石川県のナショナルトレーニングセンター競技別強化拠点、小松市木場潟カヌー競技場での自主練習を再開した。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、管理する小松市が4月中旬から閉鎖していた。男女計8選手が約5時間、水上練習やウエートトレーニングで汗。水本は「やっぱり設備が整っていてやりやすい。感染に気を付けて練習していきたい」と気持ちを新たにした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月23日のニュース