A東京 アジアで初!NBA採用の分析システム導入、コンディション管理やチーム戦術の向上に期待

[ 2020年5月21日 05:30 ]

昨年Bリーグ2連覇を果たし、喜ぶA東京の選手たち
Photo By 共同

 BリーグのA東京は20日、NBAチームなどが公式採用するトラッキングシステム「KINEXON(キネクソン)」をアジアで初導入したことを発表した。

 世界最小で最軽のウェアラブル端末を使用した「トラッキング&パフォーマンスデータ取得計測サービス」。選手の位置情報や加減速度などのデータから戦術分析に必要な情報、各選手の疲労度などをチェックできる。100種類以上の選手の運動データが取得可能となり、コンディション管理やチーム戦術、個人パフォーマンスの向上などの効果が期待できる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月21日のニュース