羽生結弦がメッセージ動画 「真っ暗だからこそ見える光があると信じています」

[ 2020年4月17日 15:12 ]

羽生結弦
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(ANA)が17日、JOC(日本オリンピック委員会)の公式ツイッターを通して1分32秒のメッセージ動画を送った。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、不要不急の外出自粛への協力を訴え、医療従事者らへの感謝、闘病中の患者へ励ましの言葉などを述べた。

以下は動画メッセージ全文。

 「皆様、こんにちは。羽生結弦です。つらいことや我慢しなくてはならないこと、そして、制約がたくさんある毎日だと思います。生活が苦しい状況ではありますが、どうか不要不急の外出を控え、感染拡大防止のためにご協力をお願い致します。

 僕たちアスリートはいつも応援の力を感じ、そして受け取っていくことで頑張れています。時にはプレッシャーになることもありますが、それらがあるからこそ頑張れるんだと思います。

 このような状況の中で、未知のものに挑み続けてくださっている方々に心からの感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。プレッシャーにもなるかもしれませんが、遠くから応援の気持ちを飛ばしていきたいと思います。

 そして、何よりも今、苦しみながらも闘病されている皆様。本当に苦しいと思いますし、想像を絶する恐怖とも闘っていらっしゃると思います。真っ暗闇なトンネルの中で、希望の光を見いだすことはとても難しいと思います。でも、3・11の時の夜空のように、真っ暗だからこそ見える光があると信じています。どうか無理をなさらず、周りにいる方々を信じて、頼ってください。そして皆様が心からの笑顔で語り合える日々が来ることを祈っています」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月17日のニュース