サンウルブズ、代替地豪州で47失点4連敗 中5日の影響で先発10人を入れ替えも完敗

[ 2020年3月7日 05:30 ]

 サンウルブズはブランビーズに14―47で敗れ、4連敗(通算1勝4敗)となった。試合は8日に東大阪・花園ラグビー場で開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、中立地のオーストラリア・ウーロンゴンに会場を変更。前節から中5日の厳しい日程となり、前後半計7トライを許して完敗した。

 最初で最後の“聖地”花園開催がなくなり、中立地とはいえオーストラリアでの一戦。中5日の影響もあり先発10人を入れ替えて臨んだが、カンファレンス首位と好調な相手に圧倒された。前半36分にはフッカーのマアフのトライで7―14と迫るが、前半残り数秒でボールを奪われ、再び突き放される失態。後半は開始から3トライを立て続けに許した。次節も当初の秩父宮開催からブリスベンに変更。その後の2試合も含め、国外6連戦の真っただ中にいる。5年間の最後は、最大の逆境に立たされている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月7日のニュース