福岡、テレビ電話取材で決意 7人制ラグビー代表候補合宿参加

[ 2020年3月7日 05:30 ]

別府合宿初日を終え、テレビ電話で取材に応じる福岡堅樹
Photo By スポニチ

 7人制ラグビー男子日本代表候補の大分・別府合宿が6日に始まり、五輪2大会連続出場を目指す福岡堅樹(パナソニック)が参加した。1月のトップリーグの試合で左膝を痛め、今月初旬に都内で行われた2日間の短期合宿に初参加。今合宿が7人制代表での本格的な始動となる。練習後にはテレビ電話で代表取材を受け「決定力は自信を持っているので、アピールしていきたい」と意気込みを語った。

 左膝の状態は万全ではなく、この日も別メニュー調整だったという。新型コロナウイルスの影響で実戦機会も限られるが「焦ることなく、目の前のことに全力で臨みたい」ときっぱり。タレント小林麗菜との交際報道には「すみません」と答えなかったが、笑顔で幸せオーラを発した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月7日のニュース