入江 賞金大会の設立に「新しい風が吹いている」「憧れを持って」

[ 2020年2月15日 05:30 ]

コナミオープンに向けて前日練習を行った入江
Photo By スポニチ

 競泳のコナミオープンは15日から東京辰巳国際水泳場で2日間の日程で開催される。世界新記録に3000万円、日本記録に500万円の賞金が出る大会。100メートルと200メートル背泳ぎ日本記録保持者の入江陵介(30=イトマン東進)が前日練習を行い“打倒ユーチューバー”を掲げた。

 競泳界では昨季から賞金大会の国際水泳リーグが新設され、五輪代表選考会となる4月の日本選手権でも史上初めて賞金が設定された。入江は「新しい風が吹いている感じがする。賞金が出ることで水泳選手という職業に憧れを持ってもらえる。日本のなりたい職業の上位はユーチューバーとかeスポーツ選手。それもいいが、体を動かすスポーツが上位にきてほしい」と説明。子供に夢を与える力泳を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月15日のニュース