サンウルブズ 早大・中野が地元でSRデビュー「地元で…幸せなこと」

[ 2020年2月1日 17:07 ]

スーパーラグビー第1節   サンウルブズ36―27レベルズ ( 2020年2月1日    福岡市レベルファイブスタジアム )

 1万426人が詰めかけた開幕戦でサンウルブズが36―27で白星発進を飾った。

 福岡県出身、東筑高校OBのCTB中野将伍(4年・早大)は後半37分から途中出場した。地元で初のスーパーラグビーデビューを終え「地元で応援してくれる方も多くて、幸せなことだなと思いました」と声援に感謝した。自身のプレーに関しては「1本ディフェンスのミスもありましたし、これからプレー時間を長くするためにも、どんどんアピールしていきたいなと思います」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月1日のニュース