神戸製鋼WTB山下“二刀流”で開幕4連勝導く!「サポートできれば」

[ 2020年2月1日 05:30 ]

シーズンごとに特徴的な髪型をする神戸製鋼WTB山下楽平は今季、アフロヘアのようなパーマスタイルで戦っている
Photo By スポニチ

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼のWTB山下楽平(28)が二刀流で開幕4連勝の使者となる。2日のNTTドコモ戦(神戸ユニバー記念競技場)のメンバーが、1月31日に発表された。4戦連続先発の背番号11は、神戸市内での練習後、臨機応変にSHに入る意欲を見せた。

 「速い展開をサポートできれば」

 第3節サントリー戦は、SHが相手に絡まれ、球出しに遅れる場面があった。そんな時に、「自分の判断で」、瞬時に穴を埋めて高速アタックの勢いを鈍らせなかった。連覇を狙う神鋼の連続攻撃を遅らせようと、今後もSHが狙われることが予想される。中学時代のSH経験が、この先も重宝されそうだ。

 本業もおろそかにしない。入社6年目で通算29トライ。「引退までに100トライ」の目標を考えると、今季の「1」には満足できない。30日に誕生日を迎えたばかり。ラグビーブームの恩恵でこの日、ファンからプレゼントを10個近くもらい「こんなことは初めて」と目を丸くした。トライを量産すれば、もっと知名度は上がる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月1日のニュース