貴景勝「自分の相撲」で連勝 一人大関に「人のことを考えている余裕ない」

[ 2019年11月18日 05:30 ]

大相撲九州場所8日目 ( 2019年11月17日    福岡国際センター )

貴景勝(右)は明生を押し出し3敗をキープ(撮影・長嶋 久樹)
Photo By スポニチ

 貴景勝が明生を一方的な内容で退けた。立ち合いの当たりで吹っ飛ばし、さらに2度はじいて押し出した。「力を出し切ることだけ考えた。自分の相撲を取ろうという気持ち」。7日目の妙義龍戦に続いて力強い相撲で2連勝。エンジンがようやく温まってきた。

 高安の休場により、一人大関となったが「人のことを考えている余裕はない。しっかり準備をしていい状態で臨めることだけ考えてやる」と集中していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月18日のニュース