TOTOジャパンC 鈴木愛 スタートから3連続バーディーで単独首位に抜け出す

[ 2019年11月9日 11:39 ]

女子ゴルフ TOTOジャパンクラシック第2日 ( 2019年11月9日    滋賀県大津市 瀬田GC北C(6659ヤード、パー72) )

<TOTOクラシック第2日>1番でティーショットを放つ鈴木愛(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 逆転賞金女王を狙う鈴木愛(25=セールフォース)が、スタートの1番から3連続バーディーを奪い単独首位に立った。

 通算5アンダーの首位タイで出て、1番をバーディー発進すると好調なショット、パットに支えられスタートダッシュをかける。3番を終えて2位に2打差をつけ、快調にトップを走っている。

 前週の樋口久子・三菱電機レディースで申ジエとの優勝争いを制し、今季5勝目を挙げた。賞金ランクも渋野に次ぐ3位まで浮上し、同1位の申ジエとの差を約3000万円差まで縮めた。

 前日のホールアウト後には「とにかく(2日目は)60台を出せば100点と思う。それを目指して頑張ります」と話していた。

 今大会の優勝賞金は約2475万円と高額。このままトップを走り抜ければ、2年ぶり2度目の賞金女王戴冠の視界も広がる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月9日のニュース