大相撲九州場所 貴景勝が懸賞本数トップ!御嶽海らを大きく引き離す

[ 2019年11月9日 05:30 ]

 大関に復帰した貴景勝への期待値の高さが数字に表れた。

 九州場所の懸賞本数は8日の申し込み段階で個人別トップの166本に達した。御嶽海の98本、福岡県柳川市出身でご当所の平幕・琴奨菊の84本を大きく引き離した。貴景勝が初優勝した昨年九州場所以降、大関昇進、陥落、復帰と角界の話題の中心となってきた注目度を実証した形だ。なお初日は平幕・隠岐の海、2日目は小結・朝乃山との対戦が決まった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月9日のニュース