イングランドも躍進日本に賛辞「最後までファイトしていた」 26日にNZと準決勝

[ 2019年10月22日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準決勝   イングランド―ニュージーランド ( 2019年10月26日    日産ス )

ニュージーランドとの準決勝に向けて意気込みを語るイングランドのカワンディッキー
Photo By 共同

 イングランドは26日のニュージーランドとの準決勝(日産ス)に向け、フッカーのカワンディッキーは「とてもわくわくしている。イングランドらしいラグビーができるように準備したい」と意気込んだ。昨年11月の対戦では15―16で逆転負けを喫している。ハットレイ・コーチは「我々も向上してきたが、それは相手も同じこと」と警戒した。

 日本についてカワンディッキーは「フィジカル面では負けていたかもしれないが、ほかの面では最後までファイトしていた」と賛辞を贈った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月22日のニュース