「4強」のNZ 日本躍進称える「子供たちに夢与えた」

[ 2019年10月22日 05:30 ]

ラグビーW杯2019 準決勝   ニュージーランド―イングランド ( 2019年10月26日    日産ス )

記者会見をするニュージーランドのケーン(左)とレタリック
Photo By 共同

 ニュージーランドの2選手が東京都内で会見し、8強入りして準々決勝で敗退した日本の戦いぶりを称えた。ロックのレタリックは「スピードとスキルが素晴らしかった。ラグビーは子供たちに夢を与えるもの。日本はそれができていた」と称賛した。

 日本はティア1のアイルランドとスコットランドを撃破。フランカーのケーンは「日本は世界のトップティアであることを証明した。エキサイティングだった」と評した。

 26日には準決勝・イングランド戦が控える。ケーンは「目の前の試合に集中していくだけ。まだ成長できるところはある」と引き締まった表情だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月22日のニュース