スポニチ軽井沢サンデーゴルフ大会 初出場の長谷川さんが総合V

[ 2019年10月22日 05:30 ]

キリンビールの大谷知己執行役員広域販売推進統括本部長(左)から、優勝トロフィーと副賞の「一番搾り」を受け取る長谷川喜一さん
Photo By スポニチ

 「2019キリンカップ スポニチ軽井沢 サンデーゴルフ大会」は20日、長野・軽井沢72ゴルフ北コースで決勝大会(新ペリア方式)が行われ、長谷川喜一さんがネット69・8(グロス95)で総合優勝を果たした。女性の部では恩田昭子さんがネット72・6(グロス93)で優勝。ベストグロス賞は、77で回った原博文さんが獲得した。総合優勝した長谷川さんには特別協賛社キリンビールの大谷知己執行役員広域販売推進統括本部長からトロフィーや副賞の「一番搾り」などが贈られた。

《初出場で快挙》 大会初出場の長谷川さんが見事に優勝を果たした。6月の予選大会には知人に誘われて参加し、シングルハンデの実力を発揮してベストグロスで決勝大会への権利を得た。決勝大会ではスコアが乱れたが「ハンデがはまりラッキーだった。穏やかな天気と最高のコース、そして一緒にラウンドした方々と楽しく回れた」と笑顔を見せた。賞品副賞のビール2ケースについては、「ビールは大好き。家でゆっくりと楽しみたい。また来年もぜひ出場したい」と満足げに帰路に就いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月22日のニュース