羽生に聞く 4回転半のために生きるとは「修行僧みたいな感じ」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

フィギュアスケート オータム・クラシック最終日 ( 2019年9月14日    カナダ・オークビル )

<オータムクラシック最終日・男子フリー>フリーを終えた羽生結弦は記者を前に話をする(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24=ANA)は180・67点でトップとなり、合計279・05点で今季初戦を優勝で飾った。ジャンプにミスもあり、収穫と課題が浮き彫りになった。演技終了後は合同取材に応じ、超大技4回転半(クワッドアクセル)成功を目指す先に、22年北京五輪出場を視野に入れていることを初めて明かした。次戦は10月25日開幕のGPシリーズ第2戦スケートカナダ(ケロウナ)となる。 

【羽生に聞く】

――4回転半の完成度は?
 「回って、こけている。あとは降りるだけ。試合に集中すべき時は試合に集中し、時間に余裕があったらアクセルの練習をする形にはなる」

 ――4回転半のために生きる、とはどういう日々か?
 「修行僧みたいな感じ。リンク行って、練習して、帰ってきて、ご飯食べて、トレーニングして、お風呂入って、寝るみたいな」

 ――競技生活はずっと続いていきそうだが?
 「その時々で、できることは限られている。それをやりつつ、結果として、そうなったらという感覚。まだ成長できる余地があると感じている。厳しいと思った時もあったが、いろんなことを試し、いろんな情報を得ながら強くなれたら」

 ――リンク以外の楽しみは?
 「凄い悲しい人みたい(笑い)。ファンタジー(・オン・アイス)の期間で、アーティストの方々と触れ合えた。表現者として学べる機会ですし、刺激があって楽しかった。今年は全然休養を取ってないが、スケートに集中している日々。まあ、ゲームは楽しいですけど」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース