織田信成氏、関大監督を退任「監督としての時間が十分に取れない」

[ 2019年9月10日 05:30 ]

織田信成氏
Photo By スポニチ

 関大は9日、フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪代表の織田信成氏(32)がアイススケート部の監督を同日付で退任すると発表した。「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」との申し出があったという。後任は未定。

 17年4月に就任した織田氏はマネジメント会社を通じ「指導者としての活躍の場を広げ、これから日本フィギュア界を背負って立つ選手を育てられるよう、より一層の努力をしてまいります」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年9月10日のニュース