男子バスケW杯決勝はセルビア対オーストラリア? 米スポーツ専門局ESPNが大胆予想

[ 2019年8月31日 13:01 ]

セルビア代表の主力、NBAナゲッツのヨキッチ(AP)
Photo By AP

 男子バスケットボールのW杯中国大会は31日に開幕したが、米スポーツ専門局のESPNが1次予選各組の順位と参加32チームの最終結果を予想。9月15日の決勝には世界ランク4位のセルビアと同11位のオーストラリアが進出し、セルビアが初優勝を遂げると新王者の誕生を予言した。

 アンゴラ、フィリピン、イタリアと同組のセルビアは国際バスケットボール連盟(FIBA)が公表したW杯参加32チームのパワーランキングでは世界ランク1位の米国を抑えてトップ。メンバーにはNBAナゲッツのセンターで昨季の球宴に初めて選出されたニコラ・ヨキッチ(24)や、キングスのシューター、ボグダン・ボグダノビッチ(27)らが入っており、攻守両面で強力な布陣となっている。

 オーストラリアは1次予選ではリトアニア(世界ランク6位)、カナダ(同23位)、セネガル(同37位)といった実力均衡の4チームが集まったH組に入っているが、ESPNはオーストラリアがこの“死の組”を1位で突破して2次予選に進出すると予想。8月24日にメルボルンで行われた強化試合ではNBA選手で編成された米国に98―94で初めて勝っており、この勝利を評価されて“準優勝”までたどり着くという評価を得た。

 世界ランク48位の日本は米国、トルコ(同17位)、チェコ(同24位)と同じE組に入っているが、ESPNのE組の順位予想は1位が米国、2位がトルコ、3位がチェコで4位が日本。なおベスト8はアルゼンチン、ナイジェリア、スペイン、セルビア、米国、ギリシャ、リトアニア、オーストアリア。このうちスペイン、米国、セルビア、オーストラリアが準決勝に駒を進めるとされている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月31日のニュース