渡辺 手応え13得点、第3Qには強烈ダンクも

[ 2019年8月23日 05:30 ]

バスケットボール男子 親善試合   日本93―108アルゼンチン ( 2019年8月22日    さいたまスーパーアリーナ )

<日本・アルゼンチン>第3Q、ダンクを決める渡辺(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 右足捻挫からの完全復活を目指す渡辺は第3Q序盤に強烈なダンクを決めるなど13得点の活躍を見せた。

 12日のニュージーランド戦で3度犯したターンオーバーは、この試合で0。22分10秒の出場時間も予定通りで「強豪国にも戦えている時間帯はあった。成長すればW杯でも戦える」と手応えを口にした。ファジーカスは15得点10リバウンドを記録。八村を含めた“ビッグ3”の連係は試合を重ねるごとに向上している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月23日のニュース