文田 五輪代表内定「一発で決める」、世界選手権へ合宿

[ 2019年8月8日 05:30 ]

練習を公開したレスリング男子グレコローマン60キロ級の文田健一郎(左)
Photo By 共同

 レスリングの世界選手権(9月、カザフスタン)に出場する男子グレコローマンスタイル代表が7日、群馬県草津町で合宿を公開した。

 7月末の海外遠征で体調を崩した60キロ級代表の文田健一郎(ミキハウス)は合宿直前にも発熱したことを明かし「弱いですね」と苦笑い。病み上がりながら約2時間の練習では“重量級”の松本監督と手を合わせ、「圧力に負けないように」と体力強化へ精力的に汗を流した。五輪代表内定が懸かる約1カ月後の大一番へ「実感が湧いてきた。一発で決めて五輪に向けて戦えるようにしたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年8月8日のニュース