友風、実力の違いを見せて8勝目「本来の自分の相撲が取れている」 

[ 2019年7月17日 05:30 ]

大相撲名古屋場所10日目 ( 2019年7月16日    ドルフィンズアリーナ )

貴源治(左)を上手投げで下した友風(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 前頭7枚目・友風が同10枚目・貴源治を退けて8勝目を挙げた。これで新入幕から3場所連続での勝ち越し。相手の右喉輪をはねのけて四つに組むと、すかさず上手投げで裏返した。実力の違いを見せつける内容に「本来の自分の相撲が取れている。今日は素直に喜んでいい」と胸を張った。

 初の2桁勝利を目指す中、11日目は琴勇輝戦。「また嘉風関に電話します」。尊敬する兄弟子に勝利の報告をしてから勝負に備える。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月17日のニュース