照強 安美錦の言葉に「こみ上げてくるものがあった」

[ 2019年7月17日 05:30 ]

大相撲名古屋場所10日目 ( 2019年7月16日    ドルフィンズアリーナ )

千代丸(左)を押し出しで破った照強(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 安美錦の弟弟子の照強が幕内3場所目で初の勝ち越しを決めた。通算500回出場の節目で千代丸を押し出し「気持ちいい」と喜んだ。安美錦からは「頑張れよ」と送り出され、「こみ上げてくるものがあった」という。「偉大な先輩の背中を見て育った。目標にしていく」とさらなる奮起を誓った。

 同じく弟弟子の宝富士は「稽古や場所に臨む姿勢は真剣そのもの。それを若い力士に伝えていきたい」と部屋頭として部屋を引っ張っていく覚悟を示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月17日のニュース