鶴竜 全勝守って単独トップ!両まわしで盤石の寄り切り

[ 2019年7月16日 05:30 ]

大相撲名古屋場所9日目 ( 2019年7月16日    ドルフィンズアリーナ )

<大相撲名古屋場所9日目>明生(右)を寄り切りで下した鶴竜(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 鶴竜は横綱初挑戦の明生を退けて全勝を守り、優勝した昨年夏場所以来の単独トップに立った。

 すぐに右前みつを取り、左下手も引いて盤石の寄り切り。「ああなったら油断せず、じっくりいった」と危なげなく勝負を決めた。目の前で白鵬が敗れた後の結びだったが「何も考えないようにして、ただ自分の相撲を取ることだけ」と集中した。10日目は白鵬を破った逸ノ城戦。「明日も集中するだけ」と気負いはなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年7月16日のニュース