白鵬 左封じられ完敗「ちょっとのミスが負けにつながる」

[ 2019年7月16日 05:30 ]

大相撲名古屋場所9日目 ( 2019年7月16日    ドルフィンズアリーナ )

<大相撲名古屋場所9日目>逸ノ城に敗れ、唇をすぼめて支度部屋に姿をみせた白鵬(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 前日に自己記録を更新する通算48度目のストレート給金を決めた白鵬が、平幕の逸ノ城に通算20個目の金星を配給した。

 右は差せたが左を封じられ、なすすべなく土俵を割った。「それ(左を使えなかったこと)が全て。横綱でもちょっとのミスが負けにつながります。(逸ノ城は)成長した感じですね」と振り返った。帰り際には、応援に駆け付けた紗代子夫人や友人でタレントの神田うのらと笑顔で記念撮影をしたが、悔しさは残った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年7月16日のニュース