桐生3位…サニブラウンに挑戦「行かなかったら面白くない」

[ 2019年7月1日 05:30 ]

陸上日本選手権最終日   男子200メートル ( 2019年6月30日    福岡・博多の森陸上競技場 )

<第103回陸上日本選手権第4日>男子200メートル決勝、3位でゴールしVTRを見つめる桐生(左から2人目)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子200メートル決勝で大外9レーンの桐生は「行かなかったら面白くない」とサニブラウン1強ムードに挑戦。最後はかわされたものの、粘って20秒54の3位に入った。

 今大会2位だった100メートルで、今秋の世界選手権代表が有力。7月は東京五輪の代表選考に影響する世界ランキングのポイントを稼ぐため、欧州遠征を敢行する。「100メートルに特化したい」と話し、再び9秒台を目指す考えを示した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年7月1日のニュース