奈紗 連覇へ3差8位の好発進、満足げ「凄く集中できた」

[ 2019年6月30日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー アーカンソー選手権第1日 ( 2019年6月28日    米アーカンソー州 ピナクルCC=6438ヤード、パー71 )

アーカンソー選手権第1日 18番でバーディーパットを決め、ギャラリーの声援に応える畑岡。6アンダーで8位
Photo By 共同

 第1ラウンドが行われ、昨年優勝の畑岡奈紗(20=森ビル)は8バーディー、2ボギーの65をマークし、8位につけた。62で回った朴仁妃(30=韓国)が首位に立った。

 3日間の短期決戦。首位と3打差の好スタートを切った畑岡は「凄く集中できて、たくさんバーディーも取れていいラウンドだった」と満足そうだった。パットが好調で、出だしの1番を皮切りに8バーディーを奪取。「難しいラインもいくつかあったが、しっかり読み切ることができた」と言う。徐々に状態は良くなっているが、課題はショットの安定感。「距離は戻ってきたが、やっぱりまだ、ぶれがある」と修正を期した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2019年6月30日のニュース