栃ノ心、大関復帰へ王手 最速返り咲きなるか

[ 2019年5月22日 05:30 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2019年5月21日    両国国技館 )

懸賞を手に引き揚げる栃ノ心(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 栃ノ心が大関復帰に王手をかけた。すぐに左上手を引き、右下手も引きつけて御嶽海を寄り切った。「良かったね。いい立ち合い。(左上手は)はまったね」。文句の付けようのない内容の9勝目となった。

 2場所連続負け越しで大関から陥落の制度ができた69年名古屋場所以降、1場所で復帰を果たしたのは5例。栃ノ心が11日目の阿炎戦で10勝目を挙げれば、最速の返り咲き決定となるが「まだ分からない」とはやる気持ちはない。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月22日のニュース