踏ん張る鶴竜 はたきで全勝キープ「いい相撲ではない」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

大相撲夏場所6日目 ( 2019年5月17日    両国国技館 )

大栄翔(下)をはたき込みで破る鶴竜(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 はたきで大栄翔を呼び込んだ鶴竜は、俵に詰まりながらも残して全勝を守った。攻めきれなかったもののヒヤリとはしなかったという。「そういう意識があれば(土俵外に)出ている。そういう意識がないということは余裕があるということ。いい相撲ではないけど」と説明した。

 3日目に続き大関が全て敗れた後の土俵だったが総崩れは阻止した。「自分の相撲に集中することを心がけている」。心を乱すことなく一人横綱として踏ん張っている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年5月18日のニュース