水谷と丹羽が異例の「左利きペア」、中国&香港OPへ

[ 2019年5月4日 05:30 ]

 卓球男子の水谷隼(29=木下グループ)が茨城県内で卓球教室に参加した。

 20年東京五輪のシングルスの枠は2つで世界4位の張本智和(15=同)がリードし、同12位の丹羽孝希(24=スヴェンソン)と同13位の水谷が争う。シングルスの出場権を逃しても団体メンバーでの選出もあり、団体のダブルスを見据え今月末の中国オープン、香港オープンのダブルスは水谷・丹羽組の異例のサウスポー同士でエントリー。水谷は「14、15年前は左利きと組んでいたこともあった。彼(丹羽)のプレーも見ているし、いろいろと後ろから援護できたら」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月4日のニュース