荒磯親方、高安を21番20勝と圧倒「体は準備していたからね」

[ 2019年5月2日 14:57 ]

右上手を引きつけ、高安(右)を攻める荒磯親方
Photo By スポニチ

 大相撲の荒磯親方(元横綱・稀勢の里)が2日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で大関・高安(29)の稽古相手を務め、21番取って20勝1敗と圧倒した。

 当たってすぐに右上手を取り、まわしを引きつけて前に出る相撲がほとんどで、後退する場面は少なかった。「体は準備していたからね」と言う通り、春場所前に稽古相手を務めた時よりもはるかに力強かった。高安の状態について聞かれると「疲れていたんじゃないか」と大関を気遣うほどだった。

 高安にとっては、この上ない稽古相手だ。この日は勝ちにこだわるのではなく「思い切って当たって前に出る」ということが狙いだった。「当たってから勝てなかったが、ためになる稽古ができた」と大敗の中にも収穫を得た様子だ。

 自身のために体をつくってきた荒磯親方については「左四つは天下一品」と舌を巻いた。「勝てない自分もおかしいけど、力強い方ですから。それで勝ち越せるようになれば、本場所では誰にも負けない。部屋に稽古相手がいなくて、胸を貸してくれるのは幸せ。期待に応えられるように精進したい」

 6日には横綱審議委員会による稽古総見、7、8日には二所ノ関一門連合稽古を控えているが、そこまでは出稽古をせず、荒磯親との稽古を続けるもようだ。「番数が全て。力を出し切る稽古をたくさん重ねないといけない。」。最高の稽古相手の胸を借りて、令和になって初めての本場所となる夏場所(12日初日、両国国技館)に向けて仕上げていく。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月2日のニュース