男子は国枝 4年ぶり9度目V、女子は上地7連覇ならず

[ 2019年4月29日 05:30 ]

車いすテニス 飯塚国際大会 ( 2019年4月28日    福岡県筑豊ハイツテニスコート )

飯塚国際車いすテニス 男子シングルスで優勝した国枝
Photo By 共同

 シングルス決勝が行われ、男子は来年の東京パラリンピックに出場する世界ランキング1位の国枝慎吾(ユニクロ)が同5位のステファン・ウデ(フランス)に7―6、7―5で競り勝ち、4年ぶり9度目の優勝を果たした。

 女子は東京パラリンピック代表で世界2位の上地結衣(三井住友銀行)が同1位のディーデ・デフロート(オランダ)に3―6、6―7で敗れ、7連覇を逃した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月29日のニュース