52キロ級から異例挑戦の中村、初戦延長敗退も指導奪う

[ 2019年4月22日 05:30 ]

柔道 全日本女子選手権 ( 2019年4月21日    横浜文化体育館 )

全日本女子柔道選手権2回戦、児玉(右)に払い腰で敗れる中村(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子52キロ級から異例の挑戦となった中村美里(三井住友海上)は、初戦の2回戦で児玉ひかる(東海大)に延長戦の末に敗れた。

 自身のほぼ倍の体重の相手に巴投げや足技を仕掛け、延長戦では指導を1つ奪う場面も。最後は体落としで有効を奪われ力尽きたが、「小さくても大きな相手に対抗できることを少しでも見せられたと思う」と話した。目標としていた大会に初出場を果たし「本気で臨む最後の大会と覚悟した」と話す一方、進退については「一生現役と言いたい」と濁した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年4月22日のニュース